ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

意識レベルについて:「恐怖」 その15 人が死んだあとの行き先の決定方法。

恐怖の中には、

「自分は死んだら地獄へ落ちるんじゃ…」

という恐怖もあるかもしれません。

 

筆者もそれが嫌だっていうのもあって、今こうしてスピリチュアルをやっております。

 

神に地獄へ落とされるのが怖いから、宗教に入っている。

という方もいるかもしれません。

 

しかしこのことについて、ホーキンズ博士は、きっぱりと

「地獄へ行くかどうかは神が決めることではなく、生前の自分の意識レベルで決まる。」

「自分自身の意志と選択の結果により、死後の行き先が決まる。」

と話しています。

 

神は基本的に我々を愛しています。テロリストであろうが凶悪犯罪者であろうが同じです。

その証拠は、我々が今こうして存在しているということです。

(「わたし 真実と主観性」より)

そして、人間の本体たる意識、いわば魂は、無限であり、不滅の存在です。(消すことができないと言われています)

 

自分の魂がどこへ行くかは、自分で自分の意識レベルを変動させることができる今のうちに、どのような意志を抱き選択したか(つまり、意識レベルを上げようとするか下げようとするか)が決め手だということです。

キリスト教などでは「人間は皆ダメだ」的な言い方をしますが、あれはちょっと言い過ぎな感もあるものの、「ちゃんと自分で自分を浄化して意識レベルをあげなきゃダメだよ、当てずっぽうに生きてても勝手に天国に行けるほど甘くないですからね」という意味だと思えば納得、かもしれません。

 

それを知れば、自分は死後どこへ行くかの選択肢は、おのずと決まるのではないかと思われます。

 

ちなみに、一度はスピリチュアル大嫌いになってしまい、神?霊? ナニソレオイシイノ? な状態だった筆者がスピリチュアルに取り組み続けたその副産物として、生活が豊かになる、人間関係が改善する、奇跡とも言えるような大きなお仕事をいただける、性格や考え方も変わって自分で自分を苦しめることがなくなるという、まさに「賜物」を受け取っています。

普通一般的な信念体系でしか物事を見れない方からしたら、「あいつ(=筆者のこと)は一体どうやってあんな人生を歩んでいけるのだ!?」と不思議でしょうがないのだということは百も承知です。

筆者も以前は(恩人の存在も含めて)こういう風にしたらいいんだよ、と個別に語りかけていましたが、博士の教えに触れ続けるうち、相手の意識レベルを考慮しないままそれをやるのはお互いのためにならないと知ってやめました。

 

このブログをご覧になれたのはラッキーかもしれませんよ。

通信環境さえあれば閲覧できますからね。

 

あとは、此のブログが消されないことを祈っていてください(苦笑)

 

 

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)