ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

意識レベルについて:「欲望」 その1 人を突き動かす原動力ではあるが…

さて今日から、「欲望」と名前のついたレベルについてご紹介していきます。

その名の通り、「あれが欲しい! これが欲しい! キレイになりたい! モテたい! お金持ちになりたい!」という感情です。

 

さて、これはどれくらいパワーがあるのか、意識のマップを再掲いたします。

f:id:miyagilso:20180504152310j:plain

ようやく、上のほうにレベルが上がってきましたが、それでも意識レベルはまだ125とネガティブな領域に属します。

 

ホーキンズ博士いわく、意識レベルは3桁(100以上)になるとようやく行動のためのパワーが出てくる状態になる、ということですので、欲望のレベルにあれば行動のためのパワーは出てきます。

 

その通り、欲望は、目標達成や報酬を得るために多大なる努力を人間に強いるのです。

 

そして、この感情は、先日までご紹介していた「恐怖」の感情の一つ上であり、また実際にも、欲望は恐怖の上に成り立っている、と博士は指摘しています。

 

生活することに対する恐怖(お金がなくなって食べるものも住むところも奪われてしまうかもしれない)

   ↓

欲望(恐怖を感じないで済むようにもっとお金が欲しい、安全に住むところが欲しい、誰かとつながっていたい 等)

 

というように。

 

確かにこのレベルは、「生きていく」という方向に向かい始めるレベルでありますが、ネガティブなところにとどまっている理由というのが、

「欲望は、中毒になりやすい」

という性質を持つという点です。

 

これは気を付けなければならない性質です。

というのも、真実のスピリチュアルを実践して力を得ると、それまであきらめていたことなどが突如うまくいくようになります。

しかし、それに胡坐をかいて、「あれも、これも」とむやみやたらに欲しがるようになったら、かなりヤバいです。もちろん、悪い意味で。

 

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)