ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

いずれ、キネシオロジーテストも必要なくなる。

このブログではホーキンズ博士の教えにならって、真偽判定をするためにキネシオロジーテスト(あるいはオーリングテスト)を使うように、という話を何度もしておりますが、いずれはこのキネシオロジーテストも使わなくていいようにしたいものです。

 

そもそも、キネシオロジーテストでの真偽判定を行うには、2人1組であって2人とも意識レベル200以上であること、質問内容が統合的(クローズドクエスチョンであって質問として成り立っているもの…要は質問内容の意識レベルが200以上)であること、そして質問する意図が意識レベル200以上であること という条件がついてまわります。

たとえば、特定の異性が好きだからといって、その異性の住所や電話番号まで調べられるか?といったら、おそらく上記条件の3番目で引っかかってしまって調べられないものと思われます。

 

なので、条件が揃わないとキネシオロジーテストは使えない…ということになります。

これは困ったものです。

 

しかし、ホーキンズ博士は、そもそも論としてやるべきことが別にある、としています。

 

それは何かというと、霊的に献身する意志を持ち続けて努力を続けなさい ということです。

いずれご紹介することになりますが先出しすると、意識レベル200未満と200以上とでは、脳機能に変化が出てきまして、同時に自分自身のエネルギー、「エーテル体」にも変化が現れます。

具体的に言えば、霊的に献身する意志を持ち実際に努力することで、脳とエーテル体の中に霊的情報の領域が確保されることになり、精神的能力が向上するため、マインドが真実と虚偽を識別する能力を持つようになるのだということです。

 

かなり重要なので繰り返します。

霊的な努力を続けることで、本来であれば真偽の区別がつかないはずのマインドに、本質的なものを識別する偉大な能力が与えられるということです。

 

霊的な努力って、何をすればいいの? という方は、霊的な努力の代表格としてはやはり手放しとサレンダーが挙げられると思います。

このブログでも現時点で250記事以上ありますので順番に読んでみてください。

 

本記事の参考文献はこちらになります。

 

Reality, Spirituality and Modern Man

Reality, Spirituality and Modern Man