人生に活かせるスピリチュアル~デヴィッド・ホーキンズ博士の教えから

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

病気とは、「霊的に成長しろ!!」という要求である!

本日は、現在当ブログ上では棚上げ状態の「Healing and Recovery」からご紹介します。

実は筆者は現在この本を一から翻訳しなおしており、現在第4章が終わるかどうかというところなのですが(そのほかにも2冊同時進行しております)、今採用している方法が一番の王道だなあと感じております。

とはいえ、それは、筆者の場合は という条件付きですが。

 

さて、その中で、このような一文がありましたのでご紹介します。

 

The illness is a demand to grow spiritually.

 

病気とは、霊的に成長しなさいという要求である。

 

(Healing and Recovery   第4章)

 

そう、病気というのは、自分自身が抱えていたネガティブ性が形になって身体上に現れてしまったものなのです。

そのネガティブ性が何なのかを見つめる必要があるよ とホーキンズ博士は言っています。

 

そして、ネガティブ性が何なのか自分でもわかんない、いつも明るくふるまっているのだから自分はポジティブなはずだ という、一見正しそうに見えるが実はわけのわからないことを本気で思い込んでいる人もかなりの数に上るため、霊的成長? ふん、なんだそりゃ? を人生上で貫いた結果、中高年から老年期にかけて重い病気にかかったりするのもネガティブ性の現れといえます。

 

余談ですが、ネガティブ性を抱えたままだったり表現したりすると、事故にも遭いやすくなります。

 

霊的成長しろという要求は、病気に限った話でなく、金銭面や仕事や恋愛や人間関係でうまくいかないというときにも当てはまるといえます。

 この一文、筆者も非常に感銘を受けたというか思うところがあり、ぜひともご紹介いたしたく記事にした次第です。

 

Healing and Recovery (English Edition)

Healing and Recovery (English Edition)