ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

意識レベルについて:「欲望」 その15 欲望の代わりに人間を動かすもの

意識レベル125のレベルにある「欲望」は、一般的には、人間を行動に移させるモチベーション的存在として捉えられています。

 

高級車が欲しいから仕事を頑張ってたくさん稼ぐ、とか。

 

欲望自体は、自分が今それよりも下位の意識レベルにあるとき、特に行動力が失われた状態の「悲しみ」や「罪悪感」などのレベルにあるときは、欲望がきっかけとなって行動を続けた結果自尊心を取り戻すことになったり勇気が出たりすることもありますから、一概にダメだとは言えないのです。

 

しかしそこに留まり続けると中毒状態となって結局ネガティブのスパイラルに陥るという話は何度もしている通りです。

 

それでは、欲望その他ネガティブな感情を手放し始めた、意識レベル200以上の状態にあると、人は何も欲しがらなくなり行動しなくなるのでは…と思われるかもしれません。

 

これは全くの逆でして、人間は、必要だと思うもの、あるいはやりたいと思ったことをそれまで以上に難なくクリアできるようになります。

そして、行動力も上がるし、モチベーションも上がるのです。

 

要は、意識レベル125の状態のままで頑張ろうと思っても、結局は足枷をつけながら全力疾走しているようなもので、それがわかれば「走りやすくするために足枷を外そう」となりますね。

 

意識レベル200以上になると、同じ物事を達成するのに、自らの意志によりそれを達成するのだとコミットメントするところから始まるようになります。

行動を起こすのも、そこから得られた結果も、全て自己責任であると覚悟の上で取り組むようになります。

 

欲望のレベルだと、テレビに影響されて、とか、憧れの人の真似をして、という動機が圧倒的に多くなります。基本的に「他人がよいと認めるものだから自分もそれを行う」という、他力本願的動機になりますから、結果についても特にうまくいかない場合は他人のせいということになります。

つまり、行動したとしても悪い結果が出た場合の責任はとりたくない、というのがこのレベルの隠れた特徴です。

購入したものが実は気に入らないものだった、思ったほど良いものじゃなかったという場合、「誰それさんがいいものだっていうから買ったのに」と文句を言うようになります。

 

ここが大きな違いです。

 

意識レベル200以上の状態にあっては、目標達成しようと考えた時、インスピレーションによりその実行手順を調整するようになります。

インスピレーションを受け取るためには、自分の中の抵抗を手放すこと、もっと言えばネガティブな感情を手放しておくこととなります。

 

これは成功哲学でもよく言われることですが、成功哲学に決定的に抜けているのは、本人の本当の感情に目を向けているかどうかです。ここは、目標達成しようとしたときに、好きでもないものを無理やり好きだと思い込んでみたりしても、絶対にうまくいきません。

 

そのようにして、インスピレーションを受け取れる状態にしたとき、「意識していないのに仕事に着手していて気がついたら終わっちゃってた」という状態になります。

 

 

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)