ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

なぜ、人は適切な助けを受け入れられないのか?

このブログですでに一度取り上げた章からにはなるのですが、「Transcending the Levels of Consciousness」第1章の「恥」からあえてご紹介したい部分を取り上げます。

 

意識レベルの2桁台、「恥」「罪悪感」「無気力無関心」「悲しみ」のレベルにおいては特に、外部からエネルギーを注いでもらわないとそこから這い上がることはほぼ不可能と言われています。

 

ところでなぜ、人は、適切な助けを求めなかったり、あるいは適切な助けが目の前にやってきても受け入れられなかったりするのか、という話です。

 

ホーキンズ博士は、これの原因を、

  • 傲慢さ(いわゆる、意識レベル175の傲慢さの領域)
  • 心理的には、否定
  • 単に無知である(カルマ的要因)

の3つをあげています。

 

これに対する特効薬としては、謙虚さ です。

 

ホーキンズ博士はこのようにも言っています。

 

「謙虚になると、(うつになってしまった)すべての関係因子を調べることができ、非常に深刻な致命的ともいえる状態からの回復を達成できる」

 

とはいえ、上記3要因の「傲慢さ」が邪魔をして、なかなか謙虚にとはいかないでしょうね。

アドバイスを受けたことを「わかっているようでわかっていない」のも、3要因のうちの「カルマ的無知」に起因すると思われます。

 

人間は、重要な話は繰り返さないと覚えられないという話を先日の記事でしました。

見たことも聞いたこともない話をいきなりされても受け入れられない、頭に入っていかない…というのは、この「無知」が原因かもしれません。

 

 

 

 

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)