ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

グループから抜ければそれでいいわけではない。

信念体系とグループ的エネルギーの関係について補足します。

 

本日、筆者は、個人のFBを「再生」することと、それに伴って一定の条件以外の友人を整理する旨通告しました。

温情措置的な理由からFB上で「友だち」としてリンクを残していたのですが、この際、すべてリンクを切る=友人削除 することにしたのです。

 

特に、筆者を波動的に苦しめた某青年向け団体、高額コンサル関係者は(別の条件を満たす方を除いて)すべて削除しました。

 

たとえば、グループから抜けたとしても、そのグループから教わったスキルやテクニックを使っているのであれば、自分はまだそのグループのエネルギーの影響を受けているということです。

グループのエネルギーから解放されるということは、その人物から教わった信念体系もだし、もっと具体的に言えばテクニックも捨てるということです。

もちろん、本や参考資料なども処分するということです。

 

特に、その人物から教わったビジネススキルが自分の現在の生きる糧だという場合、かなり難儀するでしょうね。

その辺どうすればいいか? は、最終的には自分で決断を下すことです。

今生でカルマを作って来世に持ち越す、というのであれば、それはそれでありかもしれません。

その辺は無理を強いるつもりはありません。筆者の「学びの過程」に冒頭のグループはあったとしても、「今後の人生」にはもはや存在させる必要はないと判断したまでの話です。逆に、こうした団体に助けられ、気づきを得ることができた、というのなら、それはそれでありなのです。人間の学びのカリキュラムは一人ひとり違うためこういうことになります。

 

よって、それらも含めてご自身で決断してください。

 

この記事は以下の記事の補足になります。

miyagilso.hateblo.jp