ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

意識レベルについて:「傲慢さ」 その5 傲慢さの感情の由来

英語ではPrideと表記されるこのレベルですが、これが幼児期に見られるときの現象は、「(親や社会にとって)良い行いをして親や大人に褒められた時」です。

 

幼児は自分の行いを親や他の大人に褒められることで承認欲求を満たし、それがやがては(良い意味での)自尊心になるはず…なのですが、ここで終わればいいものを、このときにエゴは「褒められたのは行動そのものではなく、自分だ」と勘違いするという動きをします。

 

この現象が悪化すると、「何をしても褒めてもらえる自分」と勘違いする人間が出来上がります。

当然のことながら、親や周囲の大人が褒めるとき、「いいことをしたね=その行動はOK」という意味であるにもかかわらず、子供から見たら「あなたはいい子だね=あなたは何をしてもOK」という意味に変換されてしまうことが多いのです。

とはいえ、たいていは、大人になるにつれ内面の成熟とともに、自分自身が常に褒賞を受けているわけではないのだと学習するようになるのですが、それが学習できない人がたまにいます。

後者のタイプが、大人になって各種問題を起こすようになるのです。

 

小さいお子さんをお持ちの方は、褒めるとき、そういうこともあるのだ、ということにも留意しつつ褒めていただくのもいいかもしれません。

 

褒めると子供が思い上がる、と思っている方がいるかもしれませんが、これは子供が悪いのではなくエゴの生来的な働きによるものです。

なのでお子さんが悪いという言い方はせずに、「その振る舞いはいけないよ」と、是々非々で接していただくのがベストです。

くれぐれも、「いいことはして当たり前、悪いことをしたら厳しく罰する」というやり方は、お勧めしません。

これは、お互いの意識レベルが下がる接し方です。

こういう接し方をされた子供が学校デビュー後、あるいは社会人デビュー後、人間関係のトラブルの当事者となり問題行動を引き起こすようになるという例は枚挙にいとまがありません。

エネルギーフィールドの観点からこれらの問題を鳥瞰すると一発で説明がつくのですが、いかんせん科学的証明が追いつかない分野ゆえ…。

 

本日の参考文献はこちら。

 

Transcending the Levels of Consciousness: The Stairway to Enlightenment

Transcending the Levels of Consciousness: The Stairway to Enlightenment