人生に活かせるスピリチュアル~デヴィッド・ホーキンズ博士の教えから

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

意識レベルについて:「傲慢さ」 その9 インターネットは汚れきっている!?

前回記事において、傲慢さのレベルの特徴として、羨望、競争、嫉妬、憎悪、悪意、恨み、虚栄心、ナルシシズム を挙げました。

それと、自分に向けられた批判に対して敏感であるという特徴もあります。

 

とにかく、ネガティブな領域というのは、「他人のことが気になって仕方がない」というレベルになります。

 

ホーキンズ博士は、その最たるものとして、インターネットを挙げています。

インターネットは明らかに目に見えて、筋金入りの嫌悪者の領域になっている、と。

意見は溢れているが、意見として表現されたナルシシズムの増長ぶりの表現の場になってしまっている、とも。

 

今回記事の元ネタである「Transcending the Levels of Consciousness」の初版は2006年ですが、すでに、何かを書けばコメント欄が荒れまくる…という現状を予言しているかのようでもあります。

 

こういう「渦」の中に自ら飛び込んでいる場合ではなく、傲慢さというレベルには「貪欲」という性質もついて回りますから、その貪欲さによって別の傲慢さを引き寄せる結果になってしまうのです。

(このレベルの人たちに割と金儲けや異性を惹きつけるのに慣れている人たちが多いという特徴もあります)

傲慢さが傲慢さを惹きつけるため、ネガティブ性が増大し、「堕落の前に傲慢さが起きる」といわれるくらいになります。

原文は  Pride goeth before a fall. です。

傲慢さの結果没落、というくだりは、歴史がなんども示しています。

 

サブタイトルついでに、ですが…

インターネットの仕組みそのものの意識レベルは400台と、理性・科学の領域に入っています。

だから仕組みとしては問題がない。

問題は各々インターネット上に表出する「コンテンツ」のほうでして、こちらは、低いものから高めのものまで幅があります。

 

何を取捨選択するかは、みなさん次第かもしれません。

 

本日の参考文献はこちら。

 

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)