人生に活かせるスピリチュアル~デヴィッド・ホーキンズ博士の教えから

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

意識レベルについて:「勇気」 その1 臨界点

さて、意識レベル200の「勇気」についてご紹介していきます。

意識レベル200というのが、ネガティブとポジティブの境界線、いわば「臨界点」になるのだ…という話は何度もした通りです。

 

意識のマップを再掲します。

太線にご注目ください。

f:id:miyagilso:20190728211157j:plain

 

ホーキンズ博士はこのレベルを「エンパワーメント開始のレベルだ」と形容しています。

 

このレベルの大きな特徴としては、探検・達成・不屈の精神・決意 が挙げられます。

何か困難なことにぶち当たったとき、逃げていてもまったく解決できなかったのが、決意を強くした瞬間にどこからともなく助けがくる…

そんな経験、ありませんか?

 

逃げ が意味するものは意識レベル199以下のネガティブ性ですが、決意は意識レベル200以上なのです。

 

このレベルにある人は、人生を「刺激的で挑戦的な場所だ」と感じる傾向にあります。

そして、決意 に特徴付けられるように、人生のトラブルや出来事に効果的に対処することができるという性質があります。

意識レベル200という数値は決して大きくはありませんが、それでも人生を効果的に生きていけるだけの力があるのです。

 

弱い決意 ではこの領域には当てはまりません。

強い決意 です。

弱い決意ではまだネガティブの領域のままです。

 

このレベルにおいては、自分自身の中に巣食う恐怖、そして性格の欠陥と向き合って成長する能力があります。

つまり、前回の「傲慢さ」で再三書いた「謙虚さ」が備わっているのがこのレベルです。

謙虚に己の欠点と向き合い、己を磨くのがこのレベルの特徴です。

 

このレベルになってようやく、多くのエネルギーを社会に流し込むようになります。

意識レベル200未満の面々が、社会や(パワーのある)個人からエネルギーを奪い取るのとは対照的です。

そして結果を出し続けるのもポジティブな領域全般に言えるため、他者からの賞賛を受けなくても自尊心が強化されていきます。

 

まさに、「育み、サポートする」ポジティブ性の性格を言い表しているかのようです。

 

ただし気をつけなければならないのは、意識レベル200はまだ「ネガティブ性の影響を受けやすい」状態だということです。

ポジティブ性の領域に入ったとはいえ、まだ新入りの段階と言ってもいいかもしれません。

つまり、本当に気をつけていないと、すぐにネガティブ性の領域に引っ張り込まれてしまうということなのです。

 

実際、ネガティブ性というのは、すべて手放しきってしまわないと、「隠れた一部分」が他の部分も引き摺り込むようにできていますので。

 

本日の参考文献はこちら。

 

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)