ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

意識レベルについて:「勇気」 その8 一度負けても、立ち上がる

前回記事の続き(というか補足)になります。

前々回の記事の補足にもなるかもしれませんね。

miyagilso.hateblo.jp

miyagilso.hateblo.jp

 

「勇気」以上のレベルに上がれば、万能…というわけではないことに注意が必要です。

しかし、このレベルにおいては、失敗するかもという恐怖を抱えつつも、「それでも敢えてやる」という強い意志を持ち、その決意を変えないという特徴があります。

 

これをホーキンズ博士風に言うと、「強い意志と献身」ということになります。

ここにインスピレーションが加わると、以前失敗したにもかかわらず再度の挑戦でうまくいくことになります。

 

こうして人は、自尊心と自信を大幅に高めていくことになります。

自尊心と自信の増大もまた、勇気のレベルの特徴なのです。

 

物事がうまくいかないのは、以下の状態にあるためかもしれません。

  • 絶対にやり遂げるという強い意志がない(最初から逃げ腰、あるいは責任転嫁状態)
  • 最初決意してもそれが続かない(献身していない)
  • インスピレーションに基づいていない(この時点で自分の意識レベルが下がっており、高次元からのメッセージを受け取れない状態になっているということを意味する)
  • ハラハラするような挑戦から逃げている(安全圏に逃げ込もうとすることばかり考えている)

 

最後の項目で「!?」と思われたかもしれませんが、ホーキンズ博士は、

「人生の苦しみの多くは、ハラハラさせられるような挑戦をして(それを成功させて)自信を作ることによってのみ反撃することができる」

という趣旨のことを著書にて書いているのです。

 

なんかこの記事、スピリチュアルといいつつ、成功哲学みたいな感じになっています。

博士はこういう話も時々、というか「よく」するのです。

 

本日の参考文献はこちら。

 

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)