ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

意識レベルについて:「勇気」 その9 勇気と社会性

勇気のレベルと社会性についての話です。

意識レベル200未満の領域においては「自分も他者も世界も傷つけて引っ掻き回すだけ」と、散々な言い方にもなりますがそんな感じです。

これに対して、臨界点を超えている勇気のレベルにおいては、たとえ一時的にネガティブなものにぶち当たったとしても、いずれ(霊的に)正しい道に戻ろうとする姿勢が見られます。

 

意識レベルは、霊的原則との整合がどれくらい取れているかのものさしです。(以前にも注意しましたが、特に人間の視点から見た「良し悪し」を反映しているわけではないのです)

ホーキンズ博士いわく、意識レベルは船のコンパスにも似ており、自分の運命を指し示すものにもなるということです。

船のコンパスを1度変えただけでも、そのまま航行を続ければ到達地点が大きく変わります。

つまり、自分の意識レベルを少し上げる努力をしようとしただけでも、その後の運命に大きな違いが出てきてしまいます。

 

勇気のレベルで気をつけなければならないのは、この時点では、未だにネガティブなエネルギーが消えているわけではないということです。(他のポジティブ性と比べても、ネガティブエネルギーは多めだと思って差し支えありません)

いわば「新人さん」の領域ですから、ネガティブ性を回避し排除するよう徹底して努めなければ、すぐに意識レベル200未満のネガティブな領域にずりおろされてしまいます。

「あの人、前はすごく誠実で努力家だったのに…なんか彼女ができてからおかしくなった…」なんて陰口を叩かれる人が世の中一定数いますが、これは不思議でもなんでもなく、ネガティブ性を回避する努力を怠った結果、不意に現れたネガティブ性に引きずり込まれてしまったというだけの話なのです。

(交際する人とビジネスパートナーには十分な注意が必要ですよ)

 

 先日までご紹介していたネガティブ性の大きな特徴は、エゴの性質が色濃く出ているという点です。

被害者の立場が大好きで、ナルシスト的で、苦しみと、一方的なものの見方が大好き。(それ自体がエゴの餌だから)

しかしこうした特徴はポジティブ性にあがると、嫌悪感を感じるようになります。

 

 そのため勇気のレベル以上においては人付き合いや自分の活動において、誰かから強制されるでもなく自らの意志で「調和」を念頭に置いて活動するようになり、その結果、社会的に承認されて受け入れられるという恩恵に預かることができるようになります。

 

本日の参考文献はこちら。

 

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)