人生に活かせるスピリチュアル~デヴィッド・ホーキンズ博士の教えから

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

意識レベルについて:「理由・知性」その9 知性は証明可能だが…

理由・知性のレベルは、基本的に「証明可能」なものを扱うことを得意とします。

目に見えるものであり、弁証法が使えたり、あるいは科学的証明ができるもの、そういうものを生み出したり取り扱ったりするものが得意です。

現代社会は、まさにこのレベルが生み出すものに支配されている(語弊はありますが)と言ってもいいくらいです。

 

つまり、理由・知性とは、証明可能なものなのです。

 

それに対して、次回以降の「愛」は、目にも見えないし証明も不可能なものです。

この時点で、「主観的」という言葉がたくさん出てきます。

知性は客観的ですが、愛は主観的なのです。

 

ちなみに意識レベルの数値の大小は、優劣とは関係がないことに注意が必要です。

それはただ「パワーの強弱」を表しただけのものであり、特に人間の意識レベルを測定する際、「AさんよりBさんが意識レベルが高かったからBさんが【優れている】」ということにはならないので注意が必要です。

 

理由・知性の意識レベル400台と愛の意識レベル500台は、愛のほうがパワーが強いのはもちろんのこと、両者の性質は全く異なるものです。

ただ、日常生活上では、愛の領域は「ぶっ飛んで」いるので、場合によっては理由・知性のレベルの方が生きやすいという面は否めないかもしれません。

 

本日の参考文献はこちら。

 

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)