人生に活かせるスピリチュアル~デヴィッド・ホーキンズ博士の教えから

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

意識レベルについて:「無条件の愛」その8 薬物中毒状態と区別がつきにくいのが玉に瑕

以前の記事にて「ぶっ飛んでいる状態」と形容したのがこの「無条件の愛」のレベルです。

意識レベル540というレベルは、物質世界上で言えば、かなり「神がかってる」(今は「神ってる」というのか?)状態といえます。

ここまでくると、いわゆる悟り(=意識レベル600)まであと一歩というところまで来ているためです。

なぜあと一歩なの?と思われた方のために意識のマップを再掲します。

f:id:miyagilso:20190728211157j:plain

ところで最近、薬物がらみの報道がかなり目に付きますが(これを「陰謀」と呼ぶかどうかは別として)、いわゆる「キマった」状態もこのレベルにおける状態と似ています。

特に、前回記事のように、「何時間でも飲まず・食わず・休まず 踊り続けることができる」と聞くと、一般的には薬物を使った状態を思い浮かべるのではないでしょうか。

 

そうなんです、博士もまた、「クスリ等によるトランス状態と似ているので混同しないように!」と警告しています。

当たり前ですが、無条件の愛の領域を経験したいからといって、クスリに手を出しては絶対にダメですからね!!

 

日本で禁止されているからというだけではなく、覚せい剤、コカイン、ヘロインはいずれも意識レベル10未満と非常に危険な代物です。

基本的には、意識レベル200未満のものには近づかない、手を出さない というのが波動上げの基本です。

(実は波動を上げ過ぎても、一般人から見たら一見不幸に見える出来事が連発するようになることが多いのですが、その話はまた機会があったら)

なぜ意識レベル200未満のものに手を出さない・近づかない ようにしないといけないかというと、これは「低次元アストラル」への入り口になりうるからです。

ましてや、薬物などの人工物によって作り出された「波動が高いっぽい状態」など、まがい物でしかないためです。

 

本日の参考文献はこちら。

 

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)

Transcending the Levels of Consciousness (English Edition)