ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

障害=ネガティブ性

自分の意識レベルを上げるには、ネガティブ性を手放していくことだ と以前ご紹介した…気がします。

博士の書籍には、意識レベルを上げる方法や具体例が散りばめられているのですが、言い回しが時々変わっていたりするため、一見して「同じことを言っている」と気がつかないことが多いです。

 

さて、「本当の幸福は内側から来る」とも言いますが、なぜ多くの人は幸福を感じられないのか? という話です。

これは、本当の幸福の源であるSelf(真我)と自分のマインドの間に障害物が多すぎるからです。

これはエゴであったり、また見方を変えればネガティブ性であったりというわけなのですが、大多数の人間はそれが世の真実だと信じて疑わず、知らないうちに振り回されています。

(といいつつ、筆者もネガティブ性を完全にコントロールできているかというとそうは言い切れない一面もありますが…)

 

ネガティブ性としての大きなものは、物質世界における誘惑、傲慢さがあります。

誘惑には様々な物があります。高額な持ち物(自宅、車、服飾品、その他)を持つこと、あるいは社会的地位を得ることで周囲の羨望を集めたい、というのもその一つ。

また、寂しいからかまってほしい、自分だけを見てほしい、という感情に代表されるような「承認欲求」もそれに該当します。

傲慢さの代表例はマウンティングです。

これらの何がどうよくないかは、以前の記事でうんざりするくらいご紹介しました。

読むと具合が悪くなるかもしれません、が、心が静かでないと感じるなら、一読していただきたいと思います。

思い当たる箇所を読むと、自分を正当化したくなるかもしれません。しかしネガティブ性とは非個人的なものであり、誰のせいとかいうものではないのです。

↑こうやって自分を責めたくなるのもエゴの仕業なので、「これがエゴの手業なのだなあ」と直視してやって消してしまいましょう

 

その、「直視」を続けることが、ここでいう障害を取り除くという意味になります。

つまり、その「幻」に振り回されるな、ということです。

 

これを続けると、お金をかけなくても人生が面白い方向に転がっていくようです。

筆者はここ1ヶ月くらいの間にそれを体感し始めたばかりですが。