人生に活かせるスピリチュアル~デヴィッド・ホーキンズ博士の教えから

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

2020年3日4日

喜びと幸せの源はエゴを超えたところにあるという気づきは大きな前進である。それゆえ、どうやって霊的なゴールにたどりつけるのか好奇心と興味が湧く。信念と経験に裏打ちされた信念体系もまた浮上する。そこに、習ったことについての指図、情報、練習の獲得 が続く。招待によって、また献身と障害をサレンダーしようという意志により霊的なエネルギーは増幅する。

自分の人生を神に捧げるのだという決定ですら、喜びをもたらし、人生全体に新しい意味を与える。それは気持ちを高揚させるものであり、そして、より偉大なコンテキストが人生により素晴らしい意義と報酬をもたらすのである。人はついに、内側と外側のネガティヴ性をサポートしようという気がなくなる。それは何もネガティヴ性が間違っているからとかいうことではなく、単にネガティヴ性が役に立たないからである。たとえ神への旅が失敗と疑いから始まったものだとしても、それは確実性へと進化していくものである。その道は、本当にきわめてシンプルである。

 

 

余談:

確かに! 筆者も、今は博士の教えを学ぶことに勝る喜びを見いだせないくらいなのです。

そして、最初は疑いから始まる…ということも、その通り^^;

 

 

原典はこちら

 

Along the Path to Enlightenment (English Edition)

Along the Path to Enlightenment (English Edition)