ブログLSOスピンオフ 人生に役立つスピリチュアル特集

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

2020年5月30日

覚えておくとよいのは、真実も、光明も、どちらも見つけたり、探したり、獲得したり、得たり、所有したりするものではないということである。無限の存在はつねに存在し、そしてその実現は、実現の障害となるものが取り除かれたときに自ずと発生するものである。それゆえ、真実を勉強する必要はなく、誤りとなるものを手放せばよいだけの話である。雲を取り除くことが太陽を輝かせる「原因」となるのではない。単に隠されたものが現れただけの話である。

霊的ワークは、言い換えれば、主に知っていると推定しているものを、知らないもののために手放すこと、ついでに他人がした、努力は最後には何にもまして評価されるのだという約束をも手放すことである。

 

補足:

真実を「勉強」する必要はない…とはいいますが、大多数の意識レベルが低い面々がのたまうような「んなもん、知るか」的な態度を推奨しているわけではありません。(=この態度は、上記の「誤り」を手放さないで大事にしている状態ですね)

実はそういう面々が増えれば増えるほど、自然災害や、新型コロナウイルスに代表されるような疫病の流行が発生しやすくなるのです。

その仕組みについては、博士の原書をじっくり読めば、おのずと見えてきます。

 

あっ、だからといって、「周囲の意識レベルが低い面々を指導教育しよう」なんて考えないでくださいね。そういう方ほど、筆者に言わせれば、「まずはあなたが霊的真実に即した生活を送るよう心掛けるべきでは」な状態ですので。

自分がお手本になればよい、ということです。なかなか難しいですけれども。

 

原典はこちら

Along the Path to Enlightenment (English Edition)

Along the Path to Enlightenment (English Edition)