人生に活かせるスピリチュアル~デヴィッド・ホーキンズ博士の教えから

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

2020年6月19日

平和とは人生の中で不可避なものをサレンダーした結果に基づく。宗教的/信仰的懐疑心は内側に発見することができ、内側にあるこれ以上単純化できない生命の基礎的性質こそが気づき・意識・主観性の基盤のキャパシティであると観察しうる。

意識がなければ、我々は「知る」ことも、「知っているならわかったであろうこと」すらも知ることができないであろう。それゆえ意識とは存在のための決定的な気づきであり、存在のコンテントとは無関係なものなのである。それゆえ、意識それ自体は、ブッダが推薦しているような神聖であることの入念さなしに明らかな現実として受け入れられるべきである。「それである」ことと「それ」を知ることは明らかに別個のものであり、後者は明らかに超越した質を必要とする。

 

原典はこちら

Along the Path to Enlightenment (English Edition)

Along the Path to Enlightenment (English Edition)