人生に活かせるスピリチュアル~デヴィッド・ホーキンズ博士の教えから

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

self(エゴとマインドの複合体) その22 2021/1/22

エゴは細目向けであり目に見える部分のフィールドのうちの線型的コンテントである。(根本ではない、ということ)目に見える効果それじたいは排他的かつ制限のあるものであるー主に対象物の手前にフォーカスするために、そしてそうすることで操作しやすくなるように。スピリットはコンテキスト・全体に根差しており、そのため、対象物の裏側にフォーカスし、包括する。そのフィールドは局地的ではなく拡散的である。

 


 

 通常の人生においては、エゴ/マインドは「未完成」から「完成」へと移動する。それはつまり「完璧じゃない」から「完璧」へと移動するということである。対照的に、スピリチュアルな道というものは、それを進化の状態の顕現として完璧から完璧へと移動している、進化の方向性とやり方としてみる。エゴの立ち位置は相互作用的であり、通常は複合的な立ち位置を表している。たとえば、怒りを分解するためには、怒りの根底にある傲慢さを意欲的に明け渡すことが要求され、そしてそれはまた欲望を明け渡せるかどうかにかかっている。これは欲望によって力を与えられた恐怖を明け渡すことを意味し、それはまた、想像上の損失であるとか、それ以外のネガティブな感情を明け渡すことをも意味する。

それゆえ、その動機というのは絡み合い互いに影響を及ぼしているのであり、二元性を構成するものを効果的に明け渡すことによって次のレベルへと導かれるのである。そしてそれぞれのレベルは神に対する自分の信念、プログラムされた霊的な期待、そして信念体系と直面する傾向がある。したがって、スピリチュアルなワークは因果律に代表されるような精神的な概念を超越するための探求対象なのである。

 


 

 エゴの生存は真実をつぶすことに依存している。なぜならエゴがそもそも虚偽性へ忠誠を誓うことに依存しているからだ。一つ例を挙げて言うなら、スピリチュアルな真実はエゴの「自分が主権だ!!」という思い込みに挑戦している。

エゴは「正しくある」(例:政治)ことに執着している。エゴの主な目的というのは「正しくある」ことだ。そのため、正しさがもたらす報酬の核心というのは、このことなのだ。あなたは別に正しくあろうとしなくても、正しい。もちろんその逆またしかりである。

 

 

 (書籍版「Dissolving the Ego, Realizing the Self」David R. Hawkins, M.D., Ph.D. 22~24頁)

 

原典はこちら