デヴィッド・ホーキンズ博士の教え紹介(一部)のブログ

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

ノー・マインドの道 その12 2021/3/5

マインドがエゴと一体化している限りにおいては、当然ながら現実を理解することができない。よしんば現実を理解できたとして、マインドは己の幻覚に基づいた性質を認識されることでいとも簡単に溶解してしまうだろう。※エゴを超越するのは永遠の絶対性の中で輝き進み出る存在でありそれはマインドのパラドックスを超えたところにしかない。 そしてそのとき、すべての言葉は役に立たなくなる。

 

※かなり難しくて自信がないので原文を転載します

 

It is only beyond the paradox of mind transcending ego that that which Is stands forth self-evident and dazzling in its infinite Absoluteness.

  


 

 常に、本当の自分はエゴではないということに対する気づきを保っていなさい。エゴと同一化することは拒否しなさい。

 


 

 探求によって、変化するものと変化しないものとが存在することがわかるだろう。それによって、変化するものは自分を幻想として定義するのである。 

 


 

 マインドは本質について、つまり意識の中において、そして本質がワンネスとしてつながっているという非言語的認識を本当に理解することはできず、「〇〇について知る」ことしかできない。

 

 

 

 

 ※このブログでは、極力、「日常生活に使えるレベルに」ホーキンズ博士の教えを落とし込むことができるよう、言葉遣いは日常使いのものに直せるものは直しております。

ただし、どうしても日常使いの言葉に直せないものも存在します。その場合は辞書の言葉を暫定的にそのまま載せることもありますので、このブログの訳に頼らず、ぜひとも原書にあたっていただきたいところです。

 これは筆者の個人的志向によるものです。スピリチュアルは、取り組む人の心をいやせない、人生を豊かにできない限りは取り入れる価値などない、むしろ偽物が跋扈する昨今にあっては人生に損害を与える可能性がある「偽物」と判断した時点で切って捨てるのが筆者の持論でありやり方ですのでご了承ください。

 

 

 

 (書籍版「Dissolving the Ego, Realizing the Self」David R. Hawkins, M.D., Ph.D. 66頁)

 

原典はこちら