デヴィッド・ホーキンズ博士の教え紹介(一部)のブログ

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

ノー・マインドの道 その22 2021/3/15

問:人はどうやって進歩を加速させるのでしょうか?

答:それは自然な好奇心だ。選択が、マインドが注意を向ける方向性の癖の傾向を作る。どの瞬間も、それぞれ、気づきに必要な要素なのである。表面だけでなくむしろ本質を探しなさい。すべては完璧なのである。それが本当に何であるかわかったならば、ではあるが。すべてのものは正確には「おそらくそうなんだろう」という形で存在しているのだ。それが輝く新しいものだろうが、くすんで汚れたものだろうが。

形容詞を避けろ。なぜなら形容詞などすべて投影であり、(エゴと結託した)マインドが生み出した資格だからである。のちに、人は動詞も副詞も捨て去るようになる。なぜなら何も、実際に何かを「している」わけではないからである。それはただ生来的に存在する。変遷とは動詞、動き続けるものとして観察する観察者の内在に由来する現象である。もしそれら現象が1万分の1秒よりも早い速度で見ることができたなら、すべては安定したものとして現れるだろう。

 


 

間違いは我々が、「自分はあのものである」という信念体系にしがみついたときに発生する。霊的真実は我々が「あれ」そのものではなく自分が「あれ」を所有しているとか「あれ」をしているとかということを理解したとき、明らかになる。

 

 

 

 (書籍版「Dissolving the Ego, Realizing the Self」David R. Hawkins, M.D., Ph.D. 76頁)

 

原典はこちら