デヴィッド・ホーキンズ博士の教え紹介(一部)のブログ

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

主観性(Subjectivity) その1 2021/3/18

客観的な世界がある。「外側」として認識される世界である。形として存在し、時間と空間に統治されている。そして主観的な経験がある。「在る」という内なる状態である。あなたが何者か、どうやって知ることができるか? あなたが存在するということを、どうやって知ることができるか? ホーキンズ博士は内側を見つめる霊的な生徒に対し、意識の非個人的なクオリティと、気づきのフィールドそれ自体を指し示している。それらは通常は、エゴ/マインドが知覚を通じて発生する現象のコンテントに気をとられてしまうため気づかずスルーされるものである。

 

 

 

※いよいよ、ホーキンズ博士の教えの本題に入ってきた! という感じがします。

 

 

 

 (書籍版「Dissolving the Ego, Realizing the Self」David R. Hawkins, M.D., Ph.D. 81頁)

 

原典はこちら