デヴィッド・ホーキンズ博士の教え紹介(一部)のブログ

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

主観性(Subjectivity) その2 2021/3/19

 出口はシンプルである。自分の興味関心を、すべての経験の絶対的な主観性の内側へと向けることだ。生命の表現すべてに伴う主観性の感覚の性質を検証せよ。ラベル付けすることなく、それをつねに覚えておくことだ。すべての瞬間において、すべてのタイミングにおいて、そしてすべての状況下において、である。そこには究極の、それ以上細分化できない、主観性の基盤がつねに存在する。それは決して変化することがない。経験することの本質とは、そのいかなる形(考えること、感じること、見ること、知ること、などなど)においても、主観的な質の存在である。それではさらに、この、臨在する主観的経験なるものが何なのか発見するためにさらに深く見ていくことにしよう。これがなくては、人が存在することを知る可能性すらないだろう。

こう尋ねてみるといい。「自分が存在するということを、どうやって気づくか、あるいは知ることができるか?」と。この質問こそが、臨在するRealityへと、真っ直ぐに、そして非言語的に、自分が導かれるためにできる最良の行動である。その、気づきとして経験される臨在する主観性の質、能力、あるいは状態と一体化するのだ。それが意識そのものである。それと一体化するのだ。意識に関する「何か」と一体化するのではなく、意識そのものと、である。これがSelfへの直線ルートである。これが戸口を抜けるためのたった一つの実践である。知るべきもの、習うべきもの、あるいは覚えるべきものは何もない。集中し、凝視し、瞑想し、熟考し、そして見つめることだけが、そして、存在の基盤及び源は、意識の光としての神の臨在の根本的主観性であることに気づくことだけが必要とされる。

 


 

人の存在の内的核心を自分が存在する現実として受け入れるということは、自分自身を「誰」として定義することを手放すことであり、そして自分を「誰」ではなく「何」として見ることである。

 


 

 簡単に言えば、realizationとかenlightenmentとかいうのはselfの感覚が限界のある線型・物質領域から非線形・無限・無形の領域へと移動した状態のことである。「私」は目に見える領域から目に見えない領域へと移る。これは気づきと対象物としての形の知覚との一体化から究極の現実としての純粋な主観性の実現へのシフトとして発生する。

 

 

 

 

 

 (書籍版「Dissolving the Ego, Realizing the Self」David R. Hawkins, M.D., Ph.D. 82~83頁)

 

原典はこちら