デヴィッド・ホーキンズ博士の教え紹介(一部)のブログ

スピリチュアルの技術を駆使して人生を改善してきた著者が、その理論と技術を公開。

博士の本は、日本語に訳したものを期待するよりも…

このブログでは再三「ホーキンズ博士の【原書】を読みましょう」と呼び掛けております。

 

理由は、そのほうが、癒しのエネルギーを手っ取り早く受け取れるからです。

 

日本語に訳したものを読むのも、また情報商材等に頼るのも、やらないよりはマシですが、物心ついたときから周囲からの(家族含む)心無い接し方にエネルギーを削り取られ、何度か死の寸前まで追い詰められたこと(両親からも、です)すらある筆者に言わせれば、原書を開いて読むことから得られるものには到底かなわないということです。

 

なお、筆者は、博士の本を「正確に」日本語に訳すのはまず無理、とみています。

 

たとえば、Spiritual という単語をどう訳すのか、という問題があります。これは非常に大きな問題でして、魂としての自分、という意味も含めて一番近い言葉としてこのブログでは「霊的」あるいはそのまま「スピリチュアル」と訳しています。

ですが、霊的とかスピリチュアルとか聞いて、一般の人が何を思い浮かべるかといいますと、「霊が見える」の霊=お化け とか、何かの超能力とか、あるいはタロットや星占いなどを連想されるのではないかと思われます。

また、「精神」と訳せばよいのでは? と思われそうですが、この単語もまた、現代の日本で使われている意味は「メンタル」が主流といえます。最近使われる精神という意味に、厳粛なイメージを感じますか? 

確かに、mindの意味は、「メンタル」でいいかもしれない、とは思いますが。(とはいえ確定ではありません)

もしかすると、「心」と訳したほうが本当はしっくりくるのかもしれません。奇跡のコースでは「心しかない」という言い方をします。本当に取り組むべきは「心」なのだ、ということです。

ただ、原書を見た時、「ん? 心? Heartって、どこに書いてある?」と、筆者本人が混乱する可能性があるのと(笑)、ハートの道・ノーマインドの道 というように、ちょっとまた別の意味で博士がすでにこの単語を使ってしまっていることもあり、この単語は使用を控えています。

 

そもそも、日本は、古来より神道があったとはいえ、今では魂のレベルも話にならないなと、筆者もさすがにそう思わざるを得ません…

 

要は、博士の本を正確に表現できる日本語が存在しない、もっと言えばそこまで日本語という言語を主に扱う日本人の質が上がっていないのだということです。いや、英英辞典などを使って、博士が言わんとしたことをさらに読み込んで表現しようとすることを悪いとは言いませんが、逆に凝りすぎて意味の通らない日本語になってしまっているケースも散見されます。

 

それでは、日本語が、そこに追いつくまで待つか? というのも、どうかと思います。そんなことで手をこまねいているうちに、自分の寿命が来てしまうのかもしれないのです。

 

ということで、博士の教えを一刻も早く日常生活に取り入れて結果も早く出したいというのであれば、日本語訳を待たないで原書を読むことをお勧めします。

ただ、英語の文法が全く分からない方の場合、その辺の勉強はする必要があるかもしれません。(グーグル翻訳を使うにしても、一部誤りを自分で手動で修正する必要があるためです)

筆者は、「博士の本の訳者となることで自分の名誉を高める、あるいは金儲けの道具にする」つもりがない以上、逆に英語を勉強し直して、博士の教えを受けて「変わった」人たちの考え方、軌跡も含めて自分のスピリチュアルな糧にするのだという気持ちを新たにしています。

…訳のご紹介をやめちゃったのにはそういう理由もあるのです。日本語訳にこだわっていると、逆に学びが遅くなってしまうためです。楽しみにしてくださっている方々にはごめんなさい。

 

余談ですが、「わたし 真実と主観性」に「ナイーブ」という言葉がよく出てきますが、これは「無知」に置き換えて読んでみると意味がよく通るはずです。